クレンズダイエットに欠かせないレシピの栄養素

クレンズダイエットに欠かせないレシピの栄養素

クレンズダイエットは、1日の3食すべてにジュースを用いるダイエットの方法です。

 

短期間に集中して行う特徴があり、通常、期間としては長くても3日程度となっています。

 

クレンズダイエットでは、食事の代わりに野菜や果物を使った100%天然素材のフレッシュジュースを用いて行います。

 

注意をしたいのは、スムージーではなく、ジュースにするということです。

 

スムージーの場合には材料をミキサーにかけてどろどろの状態にしますが、この場合、食物の繊維が豊富に含まれてしまい、栄養面においては十分とはいえるものの口当たりが悪くなることになります。

 

それと、ミキサーの刃が高速回転する事で摩擦熱で“酵素が壊れてしまう”というデメリットもあるんです。

 

スロージューサーなら素材の栄養素を100%生かすための低速回転で石臼のように絞り出す方式なので、酵素が壊れる事がありません。

 

しかも、この絞り方で作られた非加熱の100%果汁のジュースは、皮などの不溶性食物繊維を含まないので、胃腸を完全に休ませてあげることが出来るんですよ。

 

こうした製法で作られたジュースは、ミネラルが壊れていないのと同時に酵素も摂取出来ます。
酵素は、摂取した栄養が、身体の中で反応を起こすための媒体なので、欠かせない要素なんです。

 

クレンズダイエットに使うクレンズジュースは、酵素が活きていると同時にザラザラした飲み口にならないため飲みやすいメリットがあります。

 

また、食物繊維を消化するエネルギーも必要でないために胃腸に負担がかからないというメリットもあるんですよ。

 

つまり本当に胃腸を休める断食が出来るという事なんです。

 

なぜ、胃腸を休めるのかというと、代謝を上げるためなのですが、空腹感を感じないようにするためでもあります。

 

クレンズダイエットは短期間でダイエットを行うという特徴の他に、その分のエネルギーを肌の再生や、不要な水分、また、老廃物の排出に利用するという特徴があり、そのために負担の少ないジュースを使用しています。

 

クレンズダイエットのジュースはコールドプレスジュースが作れるスロージューサーを用いて作ります。

 

そのために栄養素を熱で破壊することなく作ることができ、最適な方法なんですね。

 

スロージューサーは最近では家電量販店でも、専用のコーナーが設けられているほど人気で、これはクレンズダイエットが普及している影響でしょう。

 

レシピとしては様々なものがありますが、バランス良く栄養素が取れるレシピによって作るのがダイエットには効果的で、野菜にフルーツを加えることによって飲みやすいジュースができます。

 

ホウレン草や小松菜、ケールなどでは、むくみ改善に効果的なカリウムを摂取出来ます。

 

ニンジンからは、肌細胞の再生や粘膜保護の働きがあるβカロテン。

 

さらに、ダイコンからは年末の忘年会シーズンなどで食べ過ぎたり飲みすぎたりで起こりやすい
胸焼けや胃もたれの改善ん効果的な消化酵素のジアスターゼといった具合で摂取出来ます。

 

このような様々な栄養素がジュースのレシピに使う食材によって補うことが出来るので、ダイエット目的ではなく体調管理に利用するという方もおられますね。

 

また、女性特有の生理痛などの悩みには、マグネシウムやトリプトファンが摂取出来るバナナを使うのも良いでしょう。

 

このような、自由なレシピで『自分の悩みの症状改善に良い栄養素』を摂れるジュースを作る事で、ダイエット以外の効果に的を絞ったスペシャルドリンクを作って飲んでおられる方が増えているんですね。