クレンズダイエットの酵素ジュースのレシピ

クレンズダイエットのレシピには酵素が欠かせない?

アメリカのセレブの間で人気の、クレンズダイエットが注目されています。

 

本場アメリカでは、クレンズダイエットに使う専用のジュースを販売しているジュースバーが普及しており、“セレブをパパラッチしたければジュースバーに行け”と言われるほどなんですよ。

 

これは、新鮮な野菜や果物を使ったジュースを食事のかわりに飲むダイエット方法です。

 

度重なる食事によって、疲労した胃腸を休める意味もあり、ジュースによって消化器官を一時的に休ませることが出来ます。

 

内臓脂肪の減少を促すことにもなるため、クレンズダイエットは身体によいダイエット方法となります。

 

クレンズダイエットを行うために飲むジュースのレシピは、ニンジン、キャベツ、セロリ、リンゴ、レモン等を小さく切り、水と氷を入れて、ミキサーに入れて混ぜるだけです。

 

とても簡単なレシピですので、手軽に始めることが出来ます。

 

ジュースを作るためのミキサーは、低速回転でゆっくりと素材をすり潰して絞り出す“スロージューサー”というミキサーが必要です。

 

これは、代謝を上げるために必要な酵素が、通常の家庭用ミキサーでは大半が高速回転の回転刃との摩擦で壊されてしまうためです。
クレンズダイエットに使うジュースはコールドプレスジュースと呼ばれていて、これは低速回転で「熱を発生させない」ことからコールド(非加熱)プレス(圧搾)ジュースというのです。

 

なぜ、こんな特別なジューサーが必要になるのかと言うとクレンズダイエットは“酵素が活きているドリンク”を飲んで断食を行う事によって、代謝を上げる事が目的だからです。

 

低速で圧縮をして、新鮮な野菜や果物を扱うと、酵素などの栄養素がきちんととれることになります。

 

こういった方法で作ったジュースを3日間ほどとると、身体の内側からすっきりとするクレンズダイエットが成功します。

 

このクレンズダイエットの成功についてはクレンズダイエットの体験談などでも目にする事ができます。

 

もし、自分の理想の体型い近づけたいという願いがあるなら、クレンズダイエットも選択肢のひとつになりますね。

 

クレンズダイエットは基本が断食なので、無理をする事のないように、まずは1日断食から始めてみると良いでしょう。
その後は、徐々に食事をとり、体力をつけていくことも大切なことです。

 

回復食には、おかゆやそうめんを柔らかく煮たものなどがおすすめなのですが、食べる量をあまり増やさない事も大切です。

 

断食後ですから、たくさん食べてしまわないか心配という方もおられると思いますが、断食の直後は胃袋も小さくなっているので、食べ過ぎの心配は思ったよりも少ないというのが実際にクレンズダイエットをやってみた管理人の感想です。