クレンズダイエットに最適なおやつ替わりになるレシピ

おやつ替わりに飲めるクレンズダイエットのレシピ

いま、一流モデルやタレントなどの芸能人を中心にクレンズダイエットが脚光を浴びています。

 

クレンズダイエットとはあまり聞きなれない言葉ですが、野菜と果物を時間をかけてじっくり絞った生ジュースを食事替わりに飲むダイエット方法なのです。

 

人間は食事をすることで常に胃や腸に負担をかけていますが、クレンズダイエットではこうした固形物を除去することで胃腸の負担を軽減し、体内の酵素を回復にあてることができます。

 

また生ジュースに含まれている豊富なカリウムがデトックス効果を促してくれます。

 

クレンズダイエット中は固形物は口にしないことがルールですが、無理は禁物です。
クレンズダイエットは、ローラさんなどの一流モデルや海外セレブなども採り入れている方法ですが、完全な断食はスケジュールや体調と相談しながら行っています。

 

というのも、固形物の食事を噛んで食べることで刺激される副交感神経によって活発になるセロトニンなどの体内物質もダイエットで体調を壊さないためには必要だからなんですね。

 

もちろん、基本的にはクレンズダイエット中は断食をベースにしているので、お腹が空いたら我慢せずにジュースを飲みます。

 

クレンズダイエットのジュースレシピでは、おやつ替わりになるフルーツ類でジュースを作る事も出来ます。

 

果物をたっぷり入れて作ったジュースであれば、果物の甘みがダイレクトに感じられるのでおやつ替わりにも最適です。

 

決まったレシピはありませんが、おやつ替わりに飲むときは
りんご・パイナップル・オレンジ・桃と言った甘くて水分の豊富な果物を中心に、
トータルで500ml程度になるように果物や野菜をスロージューサーにかけましょう。

 

その時に一緒に組み合わせる野菜の栄養素で、おやつ替わりに飲んでいるジュースなのに、むくみ改善が出来たり、冷え性が改善出来たりもします。

 

クレンズダイエットのレシピで気を付けたいことは、野菜・果物だけの水分でジュースを作りたいので水や氷などは使わない事。

 

また、高速でかける普通のミキサーでは摩擦熱で酵素やビタミンを失ってしまいます。

 

低速でじっくり果汁と栄養素を絞り出せるスロージューサーを使いましょう。

 

また、このページでこれまでご紹介してきたリンゴ、パイナップル、オレンジの他にも、バナナを入れることでマグネシウムを摂る事もできます。

 

パイナップルとバナナの組み合わせの場合は、バナナから摂取出来るマグネシウムで、生理痛の原因になる子宮壁を収縮させるプロスタグランジンの分泌も穏やかにでき、パイナップルから背ssy出来るトリプトファンからは痛み物質のアセチルコリンを抑える効果があるセロトニンも体内で生成出来るようになります。

 

おやつ替わりに自由な組み合わせでフルーツ中心のジュースを作る事で、いろいろな悩みを改善する事が出来るのがクレンズダイエットのオリジナルレシピを考える楽しみでもあります。