クレンズダイエットのレシピのリンゴがすごい!

クレンズダイエットのリンゴのレシピがすごいんです!

クレンズダイエットのレシピのリンゴがすごい!

クレンズダイエットのジュースレシピは、ベースとなる材料はありますが、特にこれを使わなければならないというようなルールはありません。

 

フレッシュや、野菜や果物をたっぷりと使った、新鮮なジュースを作って飲むだけの簡単なダイエットです。

 

クレンズダイエットのレシピでは、リンゴも使います。

 

ジュースには甘みのあるリンゴも入るため、クレンズダイエットでは、ジュースもナチュラルな甘味のある味わいが楽しめます。

 

スロージューサーひとつで、りんごが持っている栄養素を余さずジュースに出来るんですよ。

 

りんごの栄養素と体の中での働き

リンゴの栄養成分には、食物繊維も豊富に含んでいます。

 

水溶性食物繊維の中でもペクチンは代表的な成分で、水分に溶けていき、体内では水を含んで膨らみます。

 

グルコマンナンやサイリウムなどと同じようにお腹をキレイに掃除してくれる働きがあり、悪玉菌も腸内で除去してくれますから、善玉菌が増えるんですよ。

 

結果として、便通もスムーズになる事はもちろんですが、腸内の善玉菌が増える事で“腸内フローラ”が改善されて免疫力も高まります。

 

便秘解消が出来ると、ターンオーバーも活性化して吹き出物の改善や肌荒れの解消など、お肌にも嬉しいメリットになるというわけなんです。

 

さらに、りんごは『リンゴポリフェノール』もたっぷり摂れるので、抗酸化作用も高く、体内において活性酸素も減らす役割があります。

 

脂肪を体内に吸収するのを防いでくれますし、外に排出する作用も働くので、断食を終えた後でもダイエットの味方になってくれるメリットも魅力ですね。

 

リンゴのミネラルを応用したジュースレシピ

クレンズダイエットで、本格的な断食をやってみたいけど、空腹感も心配だし、肌荒れはもっとイヤ。

 

出来ればジュースクレンズでローラちゃんが感じているみたいな、肌がツルツルになるような効果を感じられるジュースレシピってないの?・・・

 

そんな風に思っていらっしゃる方におすすめジュースレシピをご紹介します。

便秘解消と肌代謝活性化スペシャルジュース

  • リンゴ・・・・・1/2
  • イチゴ・・・・・3粒
  • ホウレン草・・・・・1葉
  • チアシード・・・・・大さじ1

このレシピのポイントは食物繊維とビタミンBとCのバランスです。

 

冒頭でも紹介しましたが、リンゴの水溶性食物繊維のペクチンと出来上がったジュースに加えるチアシードで食物繊維の水溶性・不溶性のベストバランスを狙っています。

 

そして、イチゴのビタミンCとホウレン草の葉酸。これで肌代謝を上げます。ビタミンCの抗酸化作用は肌の老化を予防します。

 

そしてホウレン草に含まれる葉酸は、妊娠初期に赤ちゃんの細胞分裂を正常に保つために必要な栄養素で、肌代謝の活性化に細胞レベルで働きかける効果を狙っています。

 

ただし、他のページのジュースでも同じですが、こういったジュースレシピは、定期的に摂り続けることが大切です。

 

栄養素とミネラルを健康と美容に役立てるためのおいしいジュースがあれば楽しく毎日飲む事ができますよ♪

 

リンゴ特有の食感が苦手・・・そんな方は

リンゴは、かじるとシャリシャリした食感が苦手という方もおられるので、そういった方はスロージューサーで果汁100%のジュースのベースにすれば、果皮などの不純物が入らないクリアなジュースになります。

 

クレンズダイエットでは、レシピにルールは設けていませんから、もしもリンゴがないときには、オレンジを入れるのも良いでしょう。

 

ただし、先ほども紹介した通り、りんごの素材の良さを存分に引き出すためにはスロージューサーの存在は欠かせません。

 

最近では家電量販店でも、シャープの「ヘルシオ・ジュースプレッソ」など人気のスロージューサーが手軽に購入出来る価格で販売されています。

 

さらに、スロージューサーとしての性能的にもっと高いものもあるので、ジューサーの比較情報を探してみるのも面白いのではないかと思いますよ♪