クレンズダイエットのレシピで糖質カット

クレンズダイエットのレシピの基本は糖質カット

クレンズダイエットのレシピで糖質カット

糖質は炭水化物とも呼ばれていて、ご飯や麺類などの穀類に多く含まれています。

 

クレンズダイエットでは糖質カットができる事から、結婚式直前の花嫁がウェディングドレスをきれいに着こなすために最後の手段として行っている事で評判になっています。

 

一生に一度しかない花舞台をスリムなプロポーションとキレイな肌で臨みたいと思うのは当然です。

クレンズダイエットのレシピで糖質カット

そんなクレンズダイエットの肝心な部分であるレモネードのレシピは次の通りです。

  • レモンかライムのしぼり汁を大さじ2杯
  • メイプルシロップを大さじ2杯
  • 唐辛子を小さじ10分の1
  • ぬるめの蒸留水300cc

ご覧いただくと分かるように、かなり大胆な糖質カットがされたレシピになっています。

 

これは、映画撮影のためにビヨンセが採り入れたクレンズダイエットで“マスタークレンズダイエット”と呼ばれるレモネードで腸内洗浄を行う方法です。

 

一応、クレンズダイエットの仲間ではあるのですが、栄養素にかなりの偏りがある事はレシピを見て頂くと一目瞭然です。

 

こちらでご紹介したマスタークレンズと呼ばれるダイエット方法に使われるジュースのレシピは、あくまでも本当の緊急ダイエットの必要がある方以外にはあまりおすすめ出来るものではありません。
実は、ビヨンセ自身もこのダイエット方法には二度と取り組むつもりはないと語っています。

本当におすすめのクレンズダイエットのレシピ

本当におすすめ出来るクレンズダイエットのレシピは、やはり野菜や果物を豊富に使ったジュースのレシピです。

 

上記のマスタークレンズダイエットよりも断然に安全で、ちゃんとしたバランスの良い栄養摂取が可能だからです。

 

普段の食事の塩分と共に体内に溜まってしまいがちな“余計な水分”を抜く事を考えるならば、バナナやココナッツウォーターを使ったレシピも最高ですよ。

 

新鮮な大根を使ったレシピならジアスターゼ(消化酵素)で脂肪燃焼効果も期待出来ます。

 

もちろん、ただ野菜だけを使ったレシピでは、味に飲みづらい“クセ”が出てしまうのとビタミン摂取が頼りないですからオレンジやレモンなど柑橘類のフルーツを利用して作る事もお勧めです。

 

クレンズダイエット レシピ 糖質カットクレンズダイエットを行う際のルールってあるの?

 

クレンズダイエットには約束事がいくつかありますが、それは次の通りです。

  • 水分を出来るだけ多めに摂る。
  • アルコールやカフェインは控える。
  • 1日にクレンズジュースを6杯から12杯飲む。

それと断食期間を終えたら、出来る限り断食と同じ期間をかけて回復食期間を取るとリバウンドのリスクを抑える事が出来ます。

 

クレンズダイエットをしている間は、固形物を口にすることはありませんので、消化器官をもとの食事に戻しても大丈夫なように、負担のないレシピから徐々に普通食に戻していきます。

 

基本的にはおかゆが良いと言われていますが、消化吸収の良いものならば柔らかめに煮た“そうめん”や“うどん”などでも良いでしょう。

 

クレンズダイエットの消化器官の洗浄とは、胃の中が空っぽの状態の時に行うもので、ダイエット以外にデトックス効果があるとされています。

 

それにレモネードなどのレシピの力で糖質カットが行われる事で、最長でも3日間という短期間でデトックスダイエットの効果が上がるんですよ。

 

これは、身体が本来持っているヒーリングプロセスを正常化させるためのものです。

 

この目的が達成出来るいちばん素早く簡単な方法が、先ほどのレシピで作ったレモネードでクレンズダイエットを行うマスタークレンズと呼ばれているものです。

 

しかし、栄養素の偏りが気になると感じられた方もいらっしゃると思いますが、その通りの心配もあるので、長くても3日間をリミットと考えて取り組む事をおすすめします。