クレンズダイエットの野菜を使用したレシピ

クレンズダイエットの野菜を使用したレシピ

クレンズダイエット 野菜 レシピ

いつものしっかりと食べる食事を、特性のジュースに変えるだけのクレンズダイエットでは、たくさんの栄養成分を摂取することができます。

 

クレンズダイエットは、野菜もたっぷり使ったレシピで、誰でも簡単に作ることができます。

 

レシピはオリジナルで構いませんが、たっぷりの野菜とフルーツを入れるのが、クレンズダイエットの特徴です。

 

クレンズダイエットのジュースは、ジューサーでも作れますし、低温低圧圧縮方式だとより本格的ですね。

 

レシピの一例として、キャベツ100gにニンジン100g、セロリは1/2本です。フルーツはレモン1/2個と、りんご1/4個を使います。

 

このクレンズダイエットのレシピは、キャベツやニンジンからは水溶性食物繊維が、セロリからはカリウムが、レモンからはビタミンCが、リンゴからはペクチンという繊維質の一種を摂る事が出来ます。

 

これに水と氷を追加する方もいらっしゃいますが、こちらは本物のコールドプレスジュースでは使わないものです。

 

ですが、飲みやすさを重視したい方は、水を炭酸水などに代えて入れるのも良いかも知れませんね。

 

これらをジューサーでミックスすれば、クレンズダイエットの特性オリジナルジュースの出来上がりです。

 

野菜やフルーツは、できるだけ新鮮なものを使いましょう。
そして出来る事なら、無農薬有機農法で作られた野菜や果物を使うのが理想的です。

 

出来上がったジュースは、できるだけ早く飲みきることです。

 

鮮度も大切です。キャベツがない場合には、小松菜やほうれん草を使用しても良いですね。

 

むくみ改善をしたい方はホウレン草、ミネラルの吸収効率を高めて、野菜のビタミン類の効果を極限まで引き出したいという実質重視の方は小松菜を使うと良いでしょう。

 

この違いは、ホウレン草はカリウムが、小松菜はホウレン草よりもカルシウムがたくさん摂れるところが優れている事によります。

 

フルーツのりんごも、パイナップルやオレンジに変えても美味しいですね。

 

パイナップルからは『幸せホルモン』と呼ばれるホルモン物質のセロトニン生成を促すトリプトファンが摂れます。

 

リンゴでは、水溶性食物繊維のペクチンや抗酸化作用に優れるリンゴポリフェノールも摂取出来ます。

 

この他にも材料にプラスして、ハーブやしょうがを一緒にミックスするのも良いでしょう。

 

ただし、どの野菜やフルーツを組み合わせるにも、クレンズダイエットのジュースにはスロージューサーという低速回転のジューサーを使うのが理想的です。

 

というのも、従来の高速回転のミキサーやブレンダーなどの場合、回転する刃と素材の摩擦熱でミネラルが半減するほど壊れてしまうため。

 

そして、100%果汁だけのクリアなジュースにする事が出来ず、不溶性食物繊維が入ってしまうのもデメリットです。

 

不溶性繊維が混ざってしまうと、クレンズダイエット中にも胃腸が消化吸収の仕事をしなければならず、デトックス効果の効率が下がってしまうんですね。

 

ですので、クレンズダイエットのジュースを手作りで、楽しまれる場合には、スロージューサーを使った方が理想的ということを意識してくださいね。